バッティングセンターに行く理由は何かスカッとしたい時だろう。

ドラマでも毎クール必ずどこかの作品でバッティングセンターのくだりは描かれている。

そう、スカッとするためにね。

 

昔は野球少年が練習するために訪れるというイメージがあったが、今の時代は特に野球経験者でなかったとしても気軽に楽しめるひつのレジャーとなっているため、カップルでバッティングセンターに来たりもする。

しかし、そういう時いつも思うことがある。

女性のバッティングフォームがひとつも成ってないのだ。

 

本当に打つ気あるのかと思うレベルの構え方をしている。可愛さを演出しているのかもしれないが、私は単純に可愛いというか、

『もっと腰入れんかぁぁぁいっっ!!!』

と野球部に所属した経験も無いのに心で叫んでしまっている。

 

バッティングセンター初心者の女性の特徴

 

では、この女性のバッティングセンターに行ってきた動画を観て欲しい。

 

 

『やってやんぜ!』って感じでノリノリ▼

 

 

しかし・・・・

 

 

既にバットの持ち方逆だろうがい!!!!▼

 

 

仕切り直していざバッティングの構えに入る(絶対に打てそうにない)。▼

 

 

だからもっと腰入れんかぁぁぁいっっ!!!▼

 

 

成ってない!!ひとつもフォームが成っていない!!!▼

 

 

 

腰を・・・・

 

 

 

入れろぉぉぉぉ!!!!

 

 

 

 

 

『前に行かないっ!』←だから腰を入れてないからだって!!

 

 

 

結局彼女は一度も玉を前に打つことが出来ずに終わった。

しかし、初心者女性のバッティングセンターあるあるをわかりやすく再現していただいて妙に安定感はあった。

この運動神経ゼロの鈍臭い感じが可愛いと思う男性もいるだろうから別にいいのだが、、、

 

 

 

 

 

どうもスカッとしないのだ。
(バントのフォームじゃん!!)

Sponsored Link

このサイトでは劇場版ゴキゲン帝国を勝手に応援しています