グランピングにおすすめな場所【北海道】

2015年頃よりじわじわ知名度が上がっているグランピング。

意味は『グラマラス(魅力的な)』+『キャンピング』という造語。

その名のとおり、準備不要で、豪華な食事と快適過ぎるキャンプを楽しみつつ自然を満喫できる、贅沢で魅力的なキャンプこそが本当のグランピング!

 

せっかくのグランピングは是非北海道の広大な自然で体験して欲しい!

という訳で北海道のオススメグランピングスポットを教えちゃうぞ!!

北海道の道東地方!豚丼の美味しい街『十勝』

十勝参照画像がこちら!

十勝と言えば帯広、帯広と言えば豚丼。

北海道在住の筆者だが、この豚丼を食すためだけに十勝に車で出かけたことがある。

もちろん住んでる場所にもよるが、高速を使わずなんだかんだ5時間かかってしんどかったが、夏のカラッとしたいわゆる『とかち晴れ』と、美味し過ぎる豚丼のおかげですっかり上機嫌に。

 

そんな美味しくて空気の気持ちいい晴れ模様が堪能できる十勝『フェーリエンドリフ』で今年の4月にはグランピングコテージ、6月にはグランピングテントがオープンした!!

 

コテージにはこだわり尽くされたインテリアを楽しみながら、テラスからは開放感も味わえる、ホテルとは一味も二味も違う充実感が用意されている。

テントでは自分でテントを立てる煩わしさもないのに『ベルギー製のコットンテント』が楽しめる。

テントなのにベッド就寝出来て安眠、すぐ隣には満天の自然!

ゴージャス感を求めるなら十勝で決まり!

道民も愛するパウダースノーが降る場所、ニセコ

ニセコってこんなとこ♪

北海道と言えば雪、雪と言えばウインタースポーツ。

スキーやスノボに欠かせない雪がきめ細かく、軽くてとっても滑りやすい!

道民として冬にはスノーボードをしますが(ドヤ顔)やっぱりニセコは大人気。

 

でも冬だけじゃない!夏のニセコのアクティビティにはカヌーやラフティング、そして欠かせないキャンプ。

もちろん普通のキャンプではない、贅沢な時間を堪能出来るグランピングも存在する!

 

十勝のグランピングに比べてぐっと親しみやすさを感じるニセコのグランピング。

グランピングが楽しみたい、でもキャンプ要素は強く欲しいの!という人にはまさにうってつけ!!

羊蹄山とニセコ連峰が一望できて、夕食にはバーベキューが楽しめる!

北海道のヘソ!グランピングも楽しめるようになる!富良野

富良野と言えばココ!

ラベンダー畑にオムカレー、そして北の国から資料館もある言わずとしれた北海道の代名詞富良野。

行ったことはなくても、聞いたことあるって人も多いのでは?

一面のラベンダー畑は絶景で、い~~い香りとその圧巻な景色に、すっかり毒素を抜かれた気分になったことがあって2日位は平和な気持ちでいられたのはラベンダーパワーのおかげよ。

 

そんな富良野にも…グランピングはありまぁす!!!

と言っても、ふらのペンションやま山の施設内に現在建設企画中なので、今はとにかくグランピングができるようになりましたー!の報告が欲しい所。

予定では、食事はバーベキューとダッチオーブンの2種類から選べる様になっており、

富良野産・北海道産季節の野菜・富良野産のお肉・北海道産魚介類等を中心にした食材が楽しめるみたい。

一刻も早いグランピングオープンを期待しよう!!

 

この夏グランピングで自然を満喫しながら、快適さに包まれつつ美味しい食事に舌鼓を打ってみては?!グランピングはきっとSNS映えすること間違いなし!!

 


 

御握りん

富良野でラベンダー畑見たいなぁ~

 

Sponsored Link

このサイトでは劇場版ゴキゲン帝国を勝手に応援しています