学園祭で模擬店を出したいクラスの皆!

模擬店が無いと学園祭は始まらないよね~!しかし!!模擬店を出店するためには、保健所に届出を出さなければならないのだけど、その方法が各自治体によって違うのだとか…?

学園祭の土壇場になって届け出を出していない!なんてことにならないように事前に確認しておこう。気になるその方法をまとめてみたよ~!

保健所から見た学園祭の模擬店とは?

まず、飲食店を営むために必ずちらつく機関が、保健所である。

保健所で食品衛生法に引っかかっていますよ、と許可されないことには、どんなに素敵なお店だろうと、ミシュランガイド星三つだろうと、飲食店として開業できない。

 

なぜならば、細心の注意を払っていたとて予想外の食中毒が発生してしまったときに、責任の所在が見当たらないと大人の事情でかな~り困ることになる。。

 

このように、例え一日や二日しか模擬店をやらないよ、って時にも保健所への申請は必須となる。

少々手間ではあるが、万が一億が一何かあったときに、これが自分たちを守ってくれることにもなるからね!

 

しかし、自分たちの住んでいる地域によって保健所への申請の方法が異なるので、ある程度の方法をまとめてみたよ!

大まかな保健所への申請方法一覧

これから記載する事は全て大まかな基準であり、自分の地域では違う、ということも大いに考えられるので、あくまでもひとつの目安として読んでいってね!

 

基本的に大体同じ条件とされているのは生ものは取り扱わないこと、作りおきはしないこと、食品の傷みを避けるため、その場で完食してもらい持ち帰らせないこと、その場で手指消毒などの衛生にまつわる準備はきちんと行う事。

手洗いや手指消毒はもちろん、必ず使い捨ての手袋を一回一回使用してくれるとなお安心安全」だよね~!

 

しかしこの条件はほんの一握りの条件。他にも色々な地域による制約があった!

しっかり申請してもらいますよ!パターンの保健所

自分たちの出そうとしている模擬店に必要な食品を皮切りに当日の予定などを記載する『臨時飲食店等営業届』を提出。

そして衛生指導に従って出店する方法。中には代表者が検便提出しなければならないきちんとした所も。

火を通さないものに関しては申請しなくても大丈夫ですよ~。呑気な保健所

火を通さなければ売ることの出来ない食べ物(ポテトや焼鳥など)以外で、火を使わないものに関しては特段報告はしなくて大丈夫よ~、というなんだかホッとしてしまう保険所も。

お金を受け取らず、商いではないのならば申告不要な保健所も!

学園祭で基本的にはお金のやりとりの末に模擬店を行うと思うけど、その中でも○才以下の子どもにはわたあめ無料サービス!などといったサービスをするところも多くないだろう。

このように金銭の絡まないものに関しては保健所て届出を申請しなくてもいいところもある。

お店によっては訪れただけで待ち時間にお茶やコーヒーといった飲み物を提供してくれる場所もあると思うが、そういう店舗もあくまでもサービスの一環であり、商いではないという理由から保健所に届け出を出さないでいいところもある。

 

こんな風に保健所からの講習会があるところも!

 

あくまでもほんの一例なので、自分の住んでいる管轄の保健所の通りにコトを運ぶのがベストだね!

先生や周りの大人に助言をもらいながら万が一のない安全で楽しい学園祭にしよう!!

 


 

白幡いちほ

うへぇ、面倒だけどちゃんとやらなきゃね!白幡は文化祭のときクラスメイトに丸投げしてしまってたな〜。

Sponsored Link

このサイトでは劇場版ゴキゲン帝国を勝手に応援しています