元ショートトラックスピードスケート選手の勅使河原郁恵が取得している、免許や資格がすご過ぎると噂に!
その数なんと18種類!
その中からピックアップして取得方法などを紹介するよ〜!

勅使河原郁恵が持つ免許・資格一覧

ショートトラックスピードスケート選手として活躍した勅使河原郁恵。
なんと、全日本選手権優勝(1993、1995~1999年 5連覇、1994年 2位)
世界選手権連続11回出場(1993~2004年)
オリンピック3回連続出場
という輝かしい経歴を持っているよ〜!

しかし引退後は第二の人生を謳歌する、と言っても過言ではない免許・資格ラッシュ!
そんな勅使河原郁恵がこれまでに取得して来た免許や資格を紹介するよ〜!

  • ウォーキングアドバイザー
  • 姿勢アドバイザー
  • スポーツシューズスペシャリスト
  • ジュニア・ベジタブル&フルーツマイスター
  • ベジタブル&フルーツビューティーセルフアドバイザー
  • フードアナリスト
  • ナチュラルフードコーディネーター
  • 雑穀マイスター
  • 飾り巻き寿司インストラクター
  • 食育インストラクター
  • 睡眠改善インストラクター
  • 温泉ソムリエ
  • 気候療法士
  • ピラティスベーシックインストラクター
  • 幼児食インストラクター
  • ヨガベーシックインストラクター
  • ベビーヨガインストラクター
  • ベビーマッサージインストラクター

雑穀マイスターを雑談マイスターに見間違えた私の空目具合はどうにかなってしまっているようです。w

健康をキーワードにして様々な資格を取得したという勅使河原郁恵。
ベビーヨガインストラクターの教室を開催するなどして、資格をフル活用しているよ!

フードアナリストになる方法

フードアナリストとは、フードサービスの評価・分析を行うスペシャリストであることを認定する資格。

この資格を持っている事で、食文化やトレンドを根拠に基づいた形で発信できるというもの。
フードサービスに従事している人にオススメとのことで、これからレストランを開業しようと思っている人などにはいいかも。

フードアナリストへの流れ

4級〜1級まであるので、まずは4級からスタート。
養成講座や通信教育で学び、試験という流れが4級と3級。

3級までステップアップできたら2級は養成講座を受け、二次試験を受けてようやく2級。
最後の1級は養成講座を受けた後、二次試験(味覚テストと面接があるよ!)があるんだって〜。

しかも3級以上の資格は小論文もセットなので覚えておこう…。

睡眠改善インストラクターになる方法

一般社団法人日本睡眠改善協議会なるものが提示している睡眠改善インストラクター。ほんと何でもあるんだね

現代人は睡眠障害を引き起こしている人の割合がとても多く、そんなぐっすり眠れない困ったちゃん達に正しい眠り方を伝授するのが睡眠改善インストラクター。

ぜんっぜん眠れないし、眠りは浅いし夢ばっかり見るし日中眠いしで滅茶苦茶睡眠障害の私も、是非睡眠改善インストラクターに習いたい次第です。

睡眠改善インストラクターへの流れ

いたってシンプルな睡眠改善インストラクター。

日本睡眠改善協議会のありがたい講義を3日間受講し、最終日に認定試験を受け合格すればOK。

ちなみに年2回開催されており、1回の受験人数は40人。
そして受験に必要な費用は13万円
福沢諭吉が13人です。たけーよ!!!

しかし誰しもが持っている資格ではないのは確か。

これらの資格を持って新しく事業を始めたりすることを考えれば、さほど高くない、かも?!

気になる資格があれば、ぜひあなたも受験してみては?!

Sponsored Link

このサイトでは劇場版ゴキゲン帝国を勝手に応援しています