この世の居心地の悪い空間上位に入るであろう満員電車。

”どこでもドア”でもあればそんな空間とはおさらばなのに…。

しかしそんな妄想をすることさえ忘れ、世の働く方々は今日も満員電車に揺られている。お疲れ様です!

そんな中、最近知ったことがある。

国土交通省では毎年混雑率データというものを公表しているらしい。これは、どれだけその路線の特定区間内が満員状態なのかを表すものだ。

今回はそのデータをもとに都内の電車満員度をランキングにしてみた。さあ、あなたの利用している路線はランクインしているかな?

満員電車ランキング(2016)

混雑率データは年に一回調査されるものなので、現在あるのは2016年度のものになる。

それでは早速ランキングを見ていこう

 

第5位 JR南武線[武蔵中原 →武蔵小杉] 混雑率190%(7:30~ 8:30 )

輸送力(人)22,008  輸送人員(人)41,750 編成・本数(両・本)6 × 25

190%とは新聞を折りたためば読めるギリギリのラインになる。

つまり、絵に描いたような満員電車であることは間違いない。もうすでにしんどいと思う。

 

第4位 小田急電鉄小田原線[世田谷代田→下北沢] 混雑率191%(7:46~ 8:48 )

輸送力(人)73,573  輸送人員(人)38,428 編成・本数(両・本)9.4 × 29

小田急線はいつも混んでいる。夜も混んでいる。

あと強風が吹くと高確率で運転を停止するタイプ。雷も落ちるという不運を持つ。どうにかして欲しいが私鉄としては頑張っている。

 

第3位 JR横須賀線[武蔵小杉 →西大井] 混雑率193%(7:26~ 8:26 )

輸送力(人)36,010  輸送人員(人)18,640 編成・本数(両・本)13 × 10

全く未知の路線と区間で申し訳ないが、

本数が10本ということなので単純に本数が少ないだけなんじゃないの??

 

第2位 地下鉄東西線[木場 →門前仲町] 混雑率199%(7:50~ 8:50 )

輸送力(人)76,665  輸送人員(人)38,448 編成・本数(両・本)10 × 27

混雑率が一気に199%に跳ね上がってランクインしたのは地下鉄東西線だった。

地図上で見ると距離にして約1キロ。なんなら徒歩で移動するとう選択肢も候補に上がってくるところだろう。

 

第1位 JR総武線[錦糸町 →両国] 混雑率199%(7:34~ 8:34 )

輸送力(人)76,760  輸送人員(人)38,480 編成・本数(両・本)10 × 26

事件は隅田川と荒川に挟まれた路線区間で起きていた!!

第2位の木場~門前仲町のデータをみるに、このエリアはどうやら日本の鉄道の過密区間なのかもしれない。

千葉県から東京に流れてくる方々が、この路線に密集しているのだろう。

さらにこの錦糸町駅の前には亀戸駅、平井駅、そして荒川を挟んで新小岩駅がある。

新小岩駅といえば人身事故の名所と化しているがこの混雑率と関係あるのではなかろうか・・・。

ちなにみ混雑率200%は体がふれあい相当圧迫感のある状態である。他人の頭皮が臭うレベルだ。

 

埼京線がない!

個人的には埼京線が一位だと思っていたが、TOP5にランクインしていない!

結果は

 

第8位 JR埼京線[板橋 →池袋] 混雑率183%(7:50~ 8:50 )

低いっ!!

 

『あれで8位なのかよ!』

そう感じる埼京線ユーザーもいるだろう。

そんな方が総武線の錦糸町~両国とか乗ったら気絶するかもしれない。マジで人身事故だ。

ってことは逆に総武線ユーザーが埼京線に乗車したら精神的ストレスは軽くなるのか?

・・・・いや、一緒か(´・ω・`)。

 

以上が、満員電車ランキング2016の結果だ。

あなたの利用している路線はランクインしていただろうか?

 

▼以下第6位以降の結果▼

第6位 JR中央線[中野 →新宿] 混雑率188%(7:55~ 8:55 )
第7位 東急田園都市線[池尻大橋 →渋谷] 混雑率184%(7:50~ 8:50 )
第8位 JR埼京線[板橋 →池袋] 混雑率183%(7:50~ 8:50 )
第9位 新交通システム日暮里・舎人ライナー[赤土小学校前 →西日暮里] 混雑率183%(7:30~ 8:30 )
第10位 JR東海道線[川崎 →品川] 混雑率182%(7:39~ 8:39 )


 

白幡いちほ

満員電車って他人に寄りかかって寝れるよね!

Sponsored Link

このサイトでは劇場版ゴキゲン帝国を勝手に応援しています