一人暮らし歴が長いと電球が切れるという場面に出くわすことがあると思う。

男性であれば卒なく交換をすることが出来るだろう。私も一回だけ電球交換をした記憶があるが別に苦労した覚えはなかった。

しかし、これが女性だと非常に難しくなってくる。特に150cm台より下の女性は絶望的だ。

ここに一人暮らしの身長159cmの女性アイドルがいる。彼女もつい最近家の電球が切れたらしい。

いざ電球を交換してみたところ・・・

 

この電球を取り替える。
ってか1ヶ月も放置しすぎだろ…。▼

 

今回、この組み立て式脚立で電球の取り替えを試みる。
脚立はファンからもらったものだ。▼

 

いざ登ってみると▼

 

えっ?▼

 

 

届かないじゃん!!

 

天井の高さを一切計算に入れていない顔をしている。

一般的なマンションの部屋の床から天井の高さは2.5~3.0m(メートル)と言われているが今回の場合、

 

 

ちょうど2.5mくらいになるけど届かない・・・。

 

そこで思いついたのは”ベッドの上からなら届くかも”というひらめきだった▼

 

明らかに不安定過ぎる!!▼

 

あっ、でもベッドの上だと天井に手がつく!!▼

 

しかし・・・・

 

 

結果、無理だった。

一人暮らし女性が電球を交換するのはこれくらい難しいのだ。

だが、このまま電球が切れたまま過ごすわけにはいかない。

ここで次の作戦に躍り出ます。

それがこちらの動画▼

 

2人で力を合わせればなんとかなる!(と思う!)▼

 

考えた結果、肩車で交換するぜ▼

 

なんとカバー取れた!!!▼

電球も取れた!!▼

そして新しい電球を取り付ける!▼

 

一旦この状態で降りて点灯チェックしてみると・・・▼

電気きたぁーーーーーーー!!!!!!!▼

 

なんだろう、視聴していると妙な達成感があった。

 

結論、一人暮らしの女性が電球を交換するのは非常に難しいが友達呼んで肩車をすれば上手くいくということがわかった。

もしあなたが電球取り替えたいけどどうやってやれば・・・と思っているなら今回のような取り組みを実践してみてもいいだろう。

ちょっとテンション上がるよきっと(笑)。

Sponsored Link

このサイトでは劇場版ゴキゲン帝国を勝手に応援しています