学校の部活で新しく卓球をはじめるという人は多いと思う。そして、はじめたからには大会で勝ちたいと思うのが心情である。

しかし、なかなか試合に勝てない初心者さんがいるのも事実。

今回はそんな卓球初心者の方に向けて、中学・高校と筋金入りの卓球人間だった私が試合に勝てる方法を伝授していこうと思う。

1・2回戦はサーブとレシーブで十分

卓球は中学校や高校から始めるという人が多い。

1・2回戦では相手が初心者という事がざらにある。そんな初心者の方の試合の内容を見て、私はある特徴を見つけた。

 

それは得点の大部分がサーブとレシーブで決まっているという事だ。

 

初心者の方はまだボールに慣れていないことが多く、ラリーがあまり続かない。だからサーブやレシーブで得点になってしまうのだ。

そこで卓球を始めて間もない人は、サーブとレシーブの練習を中心に行おう!!

学校ではフットワークや三球目攻撃などの「動き」を練習しがちだ。

しかし、試合では緊張などの要素であまり動けなくなるので「動き」の練習はあまりおすすめしない。1・2回戦を勝ち上がるようになってから動きの練習を重視しよう。

覚えておきたいサーブの種類

サーブは下回転と上回転が出せれば大丈夫だ。横回転も強力なサーブだが、初心者にはあまりお勧めしない。

私も卓球をやり始めて間もないころは試合で横回転を出しまくっていた。

しかし返ってくる球全部返せないんだこれが・・・。

返ってくる球全部に横回転が入るから、自分で上回転をかけることができないと結果ミスをする。もちろんめっちゃ強い横回転がかけられるのなら話は別だがそんな人間は初心者の中にはまずいないだろう。

そういうこともあるので、悪いことは言わないから横回転は1・2回戦を勝ち抜けるようになってから練習しよう。

下回転サーブ

おそらく最初に覚える基本のサーブだろう。球の下を強くこすり相手に強打をさせないサーブだ。

下回転サーブのポイントはラケットの真ん中より少し上にあてて打つことである。真ん中で打つよりも回転がかかるからだ。

下回転サーブは短く出すことによってツッツキやストップ勝負になるので、すぐにラリーになるという事を防げる利点がある。

相手が浮かせた球をしっかりスマッシュできれば大丈夫だ!!

上回転サーブ

上回転はラケットを垂直にたてて球を打つサーブである。

回転はラリーの時と同じ回転なので、長めに出すと強打されてしまう。また、バウンドが高くなった時も同様に打たれる。

基本は下回転サーブと同じ長さに出そう。

下回転サーブと同じフォームで打つことができれば相手をだますこともできるので浮いた球をスマッシュして得点していくのがいい。

私は緊張している相手に対してはこの上回転を多用している。緊張している相手は足が動かないからツッツキをしがちだからだ。

スマッシュで得点して流れをこっちに呼び込もう!

相手のミスを利用して勝つ

初心者の試合の多くの得点が相手のミスによるものだ。

サーブでは上回転と下回転をうまく混ぜて、返球が浮いていればスマッシュをし、レシーブでは下回転に対してはしっかりとツッツキをしよう。

ツッツキの連続でいい!

もう一度言う、ツッツキの連続でいい!

集中を切らさないでおけば相手が勝手にミスをしてくれるから!

 

試合中に緊張してしまって体がうまく動かないという人は、ラリーに持ち込むことをできるだけ避けよう。

できるだけサーブは短く出して台上プレー中心で。

 

1セット目は相手の苦手な場所を見つける時間ということも忘れずに。サーブでも色々な場所に出すようにして、相手の苦手な球種やコースを見つけるべし。

2セット目から相手の苦手なコースにどんどん出そう。

 

試合で重要なのは余裕を持ってプレーすることだ。相手の雰囲気にのまれないように、自分のプレーをすることが勝ちにつながる。

得点したら大声を上げるのも大事な戦術だ。

相手、ビビりますよ。

とにかく最初はかっこつけずにがむしゃらにやろう!それが初心者が勝つための心意気さ!!


 

先斗ぺろ

個人的にバレーボールやってたからサーブとかレシーブは確かに大切だなーと思う!

Sponsored Link

このサイトでは劇場版ゴキゲン帝国を勝手に応援しています