介護福祉士の実務者研修費用

介護福祉士の資格をとるためには絶対に受講必須になった実務者研修。

この費用が○○○円~なんて記載されているところが多く、値段もバラバラ。

一体どうしてこんなに値段の差があるの?どこを選べばいいの?相場は?といったあなたの疑問を、今からサクっと解決しちゃおう!!

資格次第で受講する内容が違う

実務者研修を受講するにあたって、介護の資格が全くなくても問題なし。

もともと資格を保有している人はその分受講時間が免除となるから、実質受ける時間が減るということでこれに見合った額が減っていくというカラクリ。

でも基本は450時間受講しなければならないのでその分それなりに値段がはるのは仕方ない。。。ひじょ~~~~に辛いですが。

 

という訳で資格別に値段と金額を調べてみたよ!

無資格

特に介護の資格を持っていない人は、一番勉強する時間が多い450時間。必要時間は6ヶ月程。

そして金額も一番多い20万前後。すんなり出せる金額ではない。。

ただスクールによっては初任者研修も受けるのであれば大幅に値下げをキャンペーンしているところもあるから都合と条件が合えばお得な時もあるかも?!

ホームヘルパー3

30時間免除される。大体1ヶ月は短縮されるだろう。

値段は18万前後とあまり無資格と変わらない。

ホームヘルパー2級・介護職員初任者研修

両者共に大幅に時間短縮となり130時間免除される。

値段は15万前後。

ホームヘルパー1

驚きを隠せなくなるレベルで大胆な時間短縮となるホームヘルパー1級。

なんと355時間免除となり、金額も10万前後だ。最安値を謳っている場所では更に2万ほど安い所もある。

介護職員基礎研修

一番多く免除される資格、介護職員基礎研修 。400時間の免除となり、金額は5万前後。

実務者研修なら3万~と謳っているのはこの介護職員基礎研修 を持っている人に向けてだ。

なぜこんなに免除されるのかというと、この資格を取るにあたって勉強した内容が、医療的ケア50時間以外は全く同じ内容なのだ。

二度勉強する必要がないことから大幅に時間が免除されているというわけ。

 

ここに書かれている値段はあくまで相場

住んでいる最寄りの地域によっては値段が変動することも大いに考えられる。

そして安ければ安いほど、融通は効かなくなる傾向に有り。。

仕事をしながら通うのであれば、通える時間は何時なのか、休みや時間はとれるのか、

また安さに飛びつき、余りにも遠いとなれば交通費や時間も考え物。

 

もう高すぎるから無理、だなんてまだあきらめないで!

中には夜間部や、助成制度を設けた都道府県や、条件によっては全額負担してくれる事業所だってあるのです!

これは住んでいる地域や、勤め先の規定が大きく関わってくるため、要確認!

あなたの求める最条件はどれなのか、また自分の条件はどこに当てはまるのかを改めて理解した上で、納得の行く研修を受けれますように!


 

廿楽なぎ

いろんな種類の資格があるのね…
全然関わったことのない職種だったから初めて知った…!

Sponsored Link

このサイトでは劇場版ゴキゲン帝国を勝手に応援しています